はじめに

唐突ですが、皆さんは家庭や職場などで経費の削減を行っていますか?

近年において、経費削減という言葉がどこでも聞こえてくるようになってきました。それは家庭や職場ともどちらともです。なぜ経費削減という言葉をこれほど耳にするようになったのでしょうか?

どれもこれも不景気のせいですよ。それ以外あり得ないですよね(笑)リサイクルトナーって経費削減以外にも環境にも配慮しているので凄く良いですよね。質も高く、純正トナーと同じくらいの質がありますので、良かったら一度試してみるのも良いかもしれませんね☆

景気が悪くなって会社も収益が落ちてしまってムダができなくなったのでしょうか?そのせいで家庭でもムダを極力無くすようになったのでしょうか?

景気が悪くなった言えば、職員の大量のリストラも話題になりましたね。そのようなこともあり、今、社会はムダをとことん無くして経費がなるべく発生しないように経費削減を常に意識して仕事をするようになってきています。

では、その削減したい経費はどうやって削減すればいいのでしょうか?ということについて皆さんと考えていきたいと思います。特に会社の経費削減について考えていきましょう。既に経費削減に取り組んでいるという会社も、今から経費削減を始めようとしている会社も参考にしていただけたら幸いです。

経費削減を考える

経費削減のことについて、まずはなぜ経費削減をするのかとういことから考えていきましょう。会社というのは収益を上げるのが目的です。これはどの会社でもみんな同じ考えです。儲けを増やせないかといろいろと考えてみると、経費を抑えることでさらに増やせるということに気付きます。経費は会社が経営するために必要な費用ですので、必ず発生してしまうものでありますが、これを少なくして同じ仕事ができるならもちろん収益は経費を削減した分だけ多くなりますね。

そしてそれだけじゃなく、経費を削減するということはそこにムダがあるということです。だから削減するのです。それはつまり経営をさらに効率よくさせることができるということになります。経費を抑えた分だけでなく仕事をさらにしやすい環境にすることで今まで以上に収益をあげることにもつながるのです。

これを考えない会社はまずいないでしょう。もしそんな会社があるならその会社は経営について何も考えていないもったいない会社か、あるいは経費の削減を考えることがないくらいのお金が余り過ぎているような会社くらいでしょうか。

そんな経費削減ですが、ここでよく勘違いしやすいのが、人件費を削減することで経費削減をしている会社がいます。残業代はカット、ボーナスもカット、新社員も前よりも少なく…などで経費削減をしている会社がいますが、これは削減ということはできても、果たして将来的な収益向上にまでつながるような経費削減なのか?ということに気がついているのかが疑問です。

このような経費の削減の仕方では経営の効率化、収益の向上を目的とした経費削減にはならず、会社の体力である資産をカットしていることになります。これでは目的が経費削減だと勘違いしてしまっている会社に多い例だと思います。

でもその勘違いもわかります。経費削減を考えていくと、どこで経費を削減できるかということばかり集中してしまって悩んで悩んで…となるといつのまにか経費削減できればいいという、経費削減が目的になってしまうのでしょう。

しかし、目的はあくまでも収益アップです。そしてその手段が経費削減なのです。ここはしっかり頭に入れておかなければなりません。ここを十分に理解できていなければ、収益はいつまで経っても上がらずに、経営状況も改善されずむしろ悪化の一途を辿ってしまい、遂には倒産…なんていう可能性だってあるのです。

ここでしっかりと考えていきましょう。

経費削減として考えてみると、どのようなものがあるでしょうか?

check

秋葉の有名PCショップ
http://shop.tsukumo.co.jp/
貴方の大切なポルシェを高価買取
http://www.crayon911.co.jp/
葛飾での金買取おたからや青砥駅前店
http://aoto.otakaraya.net/kikinzoku.html
海水魚
http://nikkai-web.com/
別府 ホテル 
http://www.station-hotels.com/